安いギターでもアコギ上達できる?

アコギ(アコースティックギターの略称ですね)にはいろいろな種類があり、どのようなアコギを選ぶかは、使用目的やアコギに求めるもの(デザイン、音色、弾きやすさなど)、購入者のレベルなどによって違ってきます。ここでは、初心者がアコギを購入する際のポイントについて説明します。

アコギを購入する際、やはり気になるのは価格だと思います。アコギは1万円程度で購入できるのもありますし100万円以上もするもの等さまざま。しかし、初めて購入する場合はそれほど高いものは必要ないのです。デザインや音、色など、気に入ったものが見つかったらそれを購入すればいいはずです。気に入ったものなら、練習にもおのずと力が入りますから。価格の目安としては2万円以下のもので十分です。そして、あるていどアコギ(エレクトリックアコースティックギターは、エレアコと略されます)に慣れて更なる飛躍をと思った時に自然とランクアップしたものが欲しくなるみたいです。

そのときに、少し高価なものを購入すればいいでしょう。ただし、アコギを弾くことが好きで、トレーニングしていて愉しめるものがほしいという場合は、最初から5万円くらい出して買うことをオススメ。値段の高いものは、やはり音がよく、練習していて楽しいものです。冒頭でも述べましたが、アコギにはいろいろな種類があります。クラシックギター、フォークギター(フォークソングが流行した時代には、持っている若者が多かったようです)、エレクトリック・アコースティックギターのほか、ボディサイズや表板、材質などによりさまざまです。

初心者には、ノーマルなドレッドノートサイズのフォークギター(スチール弦を使っており、ボディーが大きめでネックが細めという特徴があります)がオススメ。ただし、手が小さくて弾けるかどうか不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)がある人は、スモールサイズのOOO(トリプルオー)タイプがいいでしょう。購入の際には、実際にアコギを手に取り、弾いてみたり、全体的なつくりもチェックして、納得したものを購入するようにしてくださいね。

アコギのチューニングのやり方

アコギをはじめてしばらくすると、弦のいたみを和らげるために使用後に弦を緩めたほうが良いと言われていてたり、いちいちチューニング(楽器の音合わせの他に、ラジオなどの周波?を合わせる際にも使う表現ですね)するのが大変だし、緩めても殆ど無意味だといわれておりたりするだといえると思います。どちらが正しいとは言えないのですが、その都度弦を緩める人も結構多いはずです。

いずれにせよチューニング(英語では、調律するとか、同調するという意味になります)は頻繁に行わなけれねいけませんが、チューニング(楽器の音を合わせる場合には、調律や調弦などとも呼びます)が面倒で苦手という人もいるでしょう。チューニングの為にはチューナー(チューニングカーのチューニングを行う人のことをこう呼びます)が必要ですから、是非一つは購入してください。チューニングは自分のやりやすいようにやって構わないのですが、一般的には一番上の太い方(低い音)の6弦から合わせていきます。弦の音階は、上の太い6弦から順にE(ミ)・A(ラ)・D(レ)・C(ド)・B(シ)・E(ミ)といわれているようです。

初心者の場合、ピッチパイプといったチューナーを利用すると良いでしょう。ピッチパイプは、ギターの6弦の音が出せるようになっていますから、初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねでも迷わずチューニングをすることができます。始めのうちは音が合っているのかどうかがなかなか判断出来ず、難しく感じるかもしれないですが、慣れてくれば音感も身につき、段々にチューニングも簡単になっていきます。

上の6弦から一番下の1弦まで音を合わせたら、もう一度、一番上の6弦に戻って合わせ直します。実は、他の音をチューニングしている間に微妙にずれていくことがありますので、2?3回はチューニングを繰り返すのがよいとされています。

アコギのピックアップの選び方

アコギを買う時には、ピックも同時に購入する事となります。そして、ピック(撥弦楽器のピックを収納するためのピックケースやピックホルダーなども売られています)にも多くの種類があることを楽器店で知る事になるはずです。

アコギ初心者の場合は、どれを選べばいいのか迷うことと思います。殆どの場合は見た目のみで選びがちとはいっても、それぞれのピックにはそれぞれの特徴があるんですから、初心者が使いこなすのは少々厳しいかも。大きく分けると、正三角形のおむすび型、涙のような形で少し細長いティアドロップ型、指にはめるタイプの物があります。また、素材や薄さにも多くの種類があって、金額にも違いがあるのです。

初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)であれば、一番安いおむすび型のミディアムを選ぶのが無難です。そもそも初心者の場合、まだいい音を出すとか出さないとかのレベルに達していないでしょうし、ピック(プラスティック製のものから鼈甲のものまで色々とあり、材質によっても価格が違います)は消耗品ですから、折れれば買い換えなければなりません。薄いものは折れやすく、厚いものや固いものは弾きづらくて、ティアドロップ型は技量が必要になります。そこそこの弾力があって折れにくく、弾かれにくいピックが初心者には一番使いやすいでしょう。

それ程高いものではありませんし、どうせ消耗品ですから、何種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)かを購入して使い比べてみてもいいと思います。それでも、おむすび型のミディアムは何枚か用意しておいたほうがいいですね。ある程度上達してくると、音の質やボリュームにたいするこだわりも出てくるのですから、そのような段階まで到達したら、さまざまなピック(撥弦楽器を演奏するための道具をいうことが多いです)を曲ごとに使い分けてみるというのも良いですよ。