ムダ毛と食事の関係

女性にとって、ムダ毛の処理は本当に面倒な作業ですよね。思い切って永久脱毛してしまえば、何も問題はないのかもしれません。でも、あまりお金と時間をかけることが出来ない方にとっては、処理するたびに面倒な思いをされていることだと思います。処理をしなくてもムダ毛を無くす方法は何かないのかとかんがえてみたのですが、今回は食事に注目してみました。

ムダ毛を生えさせる作用をしているのが、男性ホルモン(アンドロゲンとも呼ねれており、男性だけでなく女性も分泌しています)だということは皆さんご存知でしたでしょうか?

つまり、この男性ホルモンの働きを抑制させることで、ムダ毛が生えてくることをある程度抑えることも可能になるわけです。男性ホルモンの働きを抑制させるためには、女性ホルモンの働きを促進させるような食事を摂るといいようです。女性ホルモンの働きを促進させる食材といえば、「大豆」ですね。一時期は大変なブームにもなりましたが、大豆に含まれている「イソフラボン(あまりにもたくさん摂り過ぎると体に良くない影響が出る可能性があるそうです)」という成分は、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをしてくれるはずです。

毎日大豆を食べていたからと言って、決してムダ毛が薄くなったり、生えなくなったりするわけではないんです。でも、ムダ毛が生えてくることを抑制するためには、積極的に取り入れた方がいい食材と言われています。とは言え、極度に大豆や大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです)ばかりをたべるのではなく、色々な食材をバランスよく食べることが最も重要です。中でも日本食は、低いカロリーで栄養バランスが取りやすいことで知られています。野菜と白米、お味噌汁といった伝統的な日本食を日常的に食べることが、女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)の分泌を促すのでにも大切なのです。