かみそりで処理する時のコツ

かみそりでムダ毛の処理する時のコツは、肌を温めてローションやクリ―ムなどを使用し、必ず切れの良い新しいかみそりで行うことによりす。

まず、剃る前には肌をきれいにしてみるのがお勧めです。

汚れが残っていると、そこから感染して炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こす可能性がある為です。

きれいな肌の状態で、処理部分の肌を蒸しタオルなどで温めておきます。

こうすると、毛穴が開いて肌も柔らかくなり、肌の負担が減るため、損傷を抑えられるだと言われているんです。

かみそり(肌への負担を減らすために、石鹸がついたものも売られています)処理の場合は、必ずクリームやローション、脱毛専用のシェービング剤などを使って、肌の滑りを良くしてから剃るようにするのです。

こうしておくことで、滑りを良くするに限った事ではなく、肌のダメージを予防し、保護してくれます。

また、お風呂で処理をする場合には、石鹸やボディーソープを使う人も多いでしょう。

でも、肌の油分が無くなってしまって、肌荒れの原因になることもありますので、肌を保護する成分の入っているクリームやシェービングローションを使うことをお勧めします。

それに、必ず毛の流れに沿って、カミソリを当てるようにしましょう。

毛の流れに逆らって剃ると、毛穴を傷つける恐れがあると思います。

その傷から肌が炎症を起こしてしまう可能性があるだけではなく、毛穴の中に毛が埋もれてしまう埋没毛になる可能性があるので、注意するようにしてください。

ムダ毛処理の後は、ちゃんとスキンケアをすることも重要になってきます。

その際は、アフターシェーブローションなど、デリケートになっている肌を刺激しないようなものを利用するようにしましょう。